日付: 2021-03-10
モーターと減速機このような回転部品は2種類大きく分けてあります。一つは従来のインダクションモーターと減速機で、主に動力伝達に使用され、精度の要求は高くない、この分野はパワートランスミッションと呼ばれます。もう一つはサーボモーターと遊星減速機で、位置決め精度とトルクの制御に非常にこだわっています。この分野はモーションコントロールと呼ばれます。

サーボ用の遊星ギヤの製品は主なマーケットは自動化の分野であり、中小サイズに焦点を当てているため、ほとんどのサーボ用の遊星ギヤの業者は115枠未満の仕様を集中し、小サイズから大サイズへの開発方針を採用しています。中?大サイズの場合、販売量の少ない、材料の準備時間、コスト高いなどから、製品の準備もありますが、わざわざ開発?設計することはしません。

したがって、工具機業者は高馬力のトランスミッション求める、更に正確な位置決めの要求がある場合、遊星減速機の選択は常に困っています。もしトランスミッション用の大型な遊星減速機を購入する場合、通常はバックラッシュを要求できません。サーボプ用遊星減速機を購入すると、その許容トルクが工具機の要求を満たせず、短時間で壊れる、そのより、工具機業者は余所のアフターサービスコストを発生し、業者の信用を損なうことになります。

世界中のお客様とのコミュニケーションの過程で、我々は工具機業者の辛い声が聞こえ、従来の一般の大型遊星減速機やサーボ用遊星減速機の業者とも注意していない領域を見つかりました。そのため、お客様と協力して台湾産業をリードし、独特な超高トルクの強固モデルを開発しました。大サイズ工具機または専用機に専用、専門の特殊設計、優れな耐久性、変形や損傷はしません、遊星減速機の世界のハマー車のように、ユーザーはパワーと精度のどちらかを選択する必要がありません。 国際的な大型工具機メーカーに参入し、お客様にご愛顧いただいております。

最も重要なことは、超高トルク強固モデルがサーボ用遊星減速機本来の低バックラッシュと低騒音の精密特性を維持している。マイナス40度などのさまざまな高温および低温条件に対して、カスタマイズ製品にも対応できます。

詳細な技術要件については、今すぐ世協の営業担当者にお問い合わせください
 
TOP